• HOME
  • 院長ご挨拶
  • 診療のご案内
  • クリニック紹介
  • アクセス

循環器内科

循環器とは、心臓から血液が送り出されて体じゅうを巡る、その経路のことを言います。
したがって循環器内科では、主に心臓や血管の病気を診ます。
心臓の拍動リズムがおかしくなる不整脈も循環器内科で扱います。
また、血管の病気(動脈硬化など)の原因となる高血圧、脂質異常症、肥満症、メタボリックシンドロームに関する指導も行います。高血圧や不整脈などがあって、循環器疾患に対するリスクの高い方は、定期的な受診をお勧めします。

次の様な症状がある場合は、早めにご相談ください。

・胸が痛んだり、しめつけられたりする
・少し動いただけでも息切れがする
・動悸がする
・脈が乱れる
・手足や顔がむくむ
・血圧が高い
・健診で不整脈や心雑音を指摘された
・胸部X線写真で異常を指摘された
・血管年齢を知りたい など



高血圧

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態です。

高血圧は日本人にはとても多い病気で、40~74歳の人のうち男性は約6割、女性は約4割が高血圧と言われます。

高血圧は放っておくと、血管にストレスがかかり、動脈硬化が生じて心不全や狭心症、心筋梗塞といった心臓血管系の病気を招いたり、脳出血、脳梗塞の原因になったりします。

まずは、肥満の方は適度な運動をしながら体重のコントロールに心がけ、減塩に努めるなどの生活改善が必要です。


不整脈

私達の心臓はほぼ一定の間隔で規則正しく拍動していますが、この規則性が乱れた状態を不整脈と呼んでいます。
慢性的に不整脈が発生する主な原因は、冠動脈疾患、心臓弁障害、心不全、先天性心疾患などで、多くが心臓に起因する疾患です。甲状腺異常や肺に病気がある人も不整脈になりやすい傾向があります。また病気とは関係なく、加齢や体質、疲労やストレスの蓄積、睡眠不足などが原因になることもあります。
このように不整脈には一時的にしか発生しないものもありますが、ある特定の不整脈には注意を必要とし、注意が必要な怖いタイプがありますので、健康診断などで指摘を受けた方は一度ご相談ください。

不整脈の症状

不整脈は常に自覚症状があるわけでは無く、本人がそれとは気付かない場合が少なくありませんが、段々と症状が悪化すると自覚するようになります。

・早い脈(頻脈)
頻脈になると、ドキドキとする動悸が感じられるようになります。さらに脈が速まっていくと、心臓が全身に血液を送り出せない状態となってしまい、吐き気や冷や汗、意識消失等の症状が出てきます。

・遅い脈(徐脈)
徐脈になると、フラッとしたり、めまいがしたり、意識が無くなり、卒倒したりします。徐脈状態が長い間続くと、動作時に息切れをするようになります。

・飛ぶ/抜ける脈(期外収縮)
期外収縮になっても自覚症状を感じない場合が多いのですが、症状を感じる場合は、脈が飛んだり、胸の周辺部分に不快感を覚えたり、胸が痛くなったりします。これらの痛みは比較的狭い範囲で起こり、あまり持続しない(数十秒以内)で解消します。